【カルマの法則】とは【気付き】をもらい苦難を乗り越えた先にある達成感が重要

自己啓発

毎日のお勤めお疲れ様です。

実は私はスピリチュアルにも興味があります。

その中で有名な【カルマの法則】をご存知ですか?

日本語では【因果応報】こちらのほうが分かりやすいですかね。

「自然の流れを止めてしまうこと」です。

良い行いをすれば良い事が返ってきて、

悪い行いをすれば悪い行いが返ってくる。

しかし、

良いことを与えたからといって、同じものが返ってくるとは限らない

ことを知りましょう。

【気付き】という重要なことを教えてくれることもあるのです。

今回は【カルマの法則】について解説します。

(カルマについては解釈が様々ですので、あくまで私の経験した解釈と思ってください。)

この記事を書いている私は、副業しながらのサラリーマン歴4年ほど。

現役副業サラリーマン(一級建築士)として働く傍ら、法人を設立しコインランドリー事業、アパート経営、築古戸建再生事業、サロン事業を経営しています。

本業プラスアルファの副業を始めることで、将来的に“福”業に変わることを夢見て、恥ずかしげもなく実体験を伝えていきたいと思います。

あなたのお悩みに“ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

【ダルマ】と【カルマ】を理解する

まずは【ダルマ】と【カルマ】を理解しましょう。

【ダルマ】=自然の流れ

〇朝が来て、昼が来て、夜が来る。

春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来る。

【カルマ】自然の流れを止めること

言いたいのに言えない。

感謝したのに表現できない。

子供の時は【ダルマ】の流れができています。

✅泣きたいときに泣いて

✅欲しかったらダダをこねて

✅眠りたい時に寝る

まさに自然体です。うらやましいです。

しかし、大人になると様々な理由で、

✅感情を抑えたり

✅表現を我慢したり

など、自分の心の中に押し込めてしまいます。

そして、動物には無く、人間だけが【カルマ】を作りだします。

社会を生きるとは【カルマの法則】の中で生きるということですね。

苦難を乗り越えた先にある達成感や幸福感が重要

例えば、壁に投げたボールは自分に向かって跳ね返ってきます。

これと同じで

良い行いをすれば良い事が返ってきて、

悪い行いをすれば悪い行いが返ってきます。

つまり、何かを【行動】すれば、それはいずれ【行動】として返ってきます。

さらに、【カルマ】には行動だけではなく、言葉や思想にも適用されます。

しかし、注意してほしいのは

✅仕事を頑張っても報われない

✅好きな人に裏切られてしまった

これらは自分が過去にしたから返ってきた?

というとそうではないと思います。

しかし、全てを当てはめた偏った考え方を持つのは危険だと思います。

私も過去に一生懸命にコツコツ取り組んできたのに

いきなり苦難が襲いかかることがあります。

私も決して良い人間ではないですが、ここまでの苦難がくるほど

悪いことはしていません。(多分・・)

ではなぜ苦難が襲いかかったのか?

その苦難を乗り越えた先に、新しい何かを手に入れるためだと思います。

高い苦難を乗り越えたときこそ、得られる達成感や幸福感があります。

私も学歴のない平凡なサラリーマンでした。

しかし親の死をきっかけに

✅賃貸アパート

✅コインランドリー

✅築古戸建再生

✅ブログ

✅Twitter

などに挑戦しています。

Twitterでは30日で3,000フォロワー様と出会うことができました。

そして年内5,000フォロワー様を目標に日々努力しています。

本業と同時にある実践するこの苦しみなどは自分から挑戦しているためです。

そして、これを突破できた時の達成感や幸福感を味わうために頑張っています。

 

【気付き】を与えてもらい、逃げないこと

仕事をする中で、どんなに他者に優しく接しても、返ってこないことは多いです。

【カルマの法則】では良いことをすれば良いことが返ってくるはず・・

しかし、それは表面上のことではなく、実は得ていることがあると思います。

✅自分の中で優しくしているつもりだけかもしれない

✅相手には伝わっていないかもしれない

✅逆に迷惑に思われているかもしれない

など、違う【気付き】を与えてもらっているのかもしれません。

実は単純に優しさを返されるより、この【気付き】を与えてもらうほうが重要だと思います。

何か面倒があるとすぐに逃げてしまう人がいます。

しかし、また違う面倒なことが襲いかかってきます。

これに【気付き】、どこかで立ち向かう勇気が必要です。

そして、乗り越えたからこそ、得られるものがあると知りましょう。

大切なことは✅ケチケチしない✅好転反応を知ること

欧米では慈善活動や寄付をすることが当たり前になっています。

日本のお金持ちには、まだまだその文化が根付いていません。

しかしこの行動は【カルマの法則】からみると、理にかなっていると思います。

私の思う重要な2点としては

ケチケチしない

これは欲しい物や美味しい物をいくらでもお金を使えということではありません。

お祝い事や寄付または将来の資産になる投資などに積極的になるという意味です。

お金を貯金して留まらせるのではなく、循環させてお金を回す意識が大切だと思います。

好転反応を知る

なにか大きな変化があるときは、好転反応が起こります。

好転反応とは

「大きな何かを手に入れようとすると、一度大きく失ってしまうことがある」

ここで大切なことは「欲」を出した自分への報いで大きく失ってしまったと思うのではなく、

この次に大きな反応がある前触れだと自分を信じることです。

(注)ギャンブルとかはダメです。

巡り巡っていつか違う結果で自分に返ってくるかもしれません。

私の小さな心がけとしては、お店などで1円や5円などの少額のおつりは全て募金しています。

このような小さなことでよいので始めてみてはどうでしょうか?

 

良いことを与えたからといって、同じものが返ってくるとは限らない

大切なことは

良いことを与えたからといって、同じものが返ってくるとは限らない

と知ることだと思います。

近年では自然災害が多く、ボランティア活動も活発です。

無償の労働力を提供するからといってそれが自分に返ってくるわけではありません。

基本的には被災された方がボランティア活動で助けられ、今度はそれを別の被災された誰かに返す。

この奉仕の連鎖が、良い例だと思います。

目先の喜びも大切ですが、自分にとって将来的に得られる【気付き】のほうが価値がある場合もあります。

大切なことは、柔軟に物事を考え、今自分が置かれている状況を突破して、

幸せな将来に向かっていると信じて日々努力しましょう。

それではGlory Days!