変化を恐れず副業を始めよう 副業サラリーマンとなった理由

副業・お金

今を楽しんで生きていますか?

■毎日充実した生活を送れていない・・

■今の仕事にやりがいがない・・

■家族や恋人と楽しく過ごせていない・・

■仕事に見合った給料をもらっていない・・

■漠然とした将来の不安が強い・・

今後はコロナの影響や働き方改革さらにオリンピックの延期によって、もう不況は目の前です。

変化を恐れていると、リストラや会社の倒産といった周囲と同じ問題に巻き込まれてしまいます。

とはいえ、「今からではもう遅い」と思うのではなく

「今からでもいいので始めましょう!

ただし、今は会社から目を付けられない範囲ではじめていきましょう!

今は会社にすがっておくのが正解ですからね。

凡人の私がどのようにして行動するようになったのか「きっかけ」をお話ししたいと思います。

この記事を書いている私は、副業しながらのサラリーマン歴5年ほど。

現役副業サラリーマン(一級建築士)として働く傍ら、法人を設立しコインランドリー事業、アパート経営、ボロ戸建再生事業、リラクゼーションサロン事業を経営しています。

本業プラスアルファの副業を始めることで、将来的に“福”業に変わることを夢見て、恥ずかしげもなく実体験を伝えていきたいと思います。

あなたのお悩みに“ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

変化への「きっかけ」を大切にする

物事にはきっかけが必要です。

大きな不満や不安がなければ人は安定を求めます。

当然サラリーマン生活は毎月給料がもらえ安定しています。

「お金の安定」は「心の安定」につながります。

しかしお金の話を口に出すと強欲や自己顕示欲が強いなどマイナスイメージを強くもたれます。

また義務教育の中で借金=悪い事と教えられ、どこかお金を使うのが怖いという印象が強いようです。

そんな私の本業は建築設計業をしています。

サラリーマンとして毎日忙しく働いています。

家族もでき、特に不満や不安もありませんでした。

自分の中で変化した大きなきっかけが7年前に起こりました。

それは父を亡くしたことです。

昔から仕事人間で家庭より仕事を優先する人でした。

65歳(当時)でまだ若く、これから母と老後を楽しく送るものと思っていた矢先でした。

その時、人はいつまでも健康ではなく、【死】というものに直面しました。

そして同時に長男が生まれ、将来への漠然とした不安がよぎりました。

その時の手元の貯金額は1,000万・・・

さあ、これからどうしたものか・・・

儲かる仕組みを試行錯誤する

昔、投資信託を会社の社長の紹介で200万円ほど運営しました。

何も調べず、人がやってるからという軽い気持ちでした。

毎月の配当金やボーナス月の配当金がもらえれば儲けものという甘い考えです。

結果・・半年後にリーマンショックがきました。(爆死)

価値は半額・・当然ボーナス月もなくなりました・・

改めて無知であることの恐ろしさを実感しました。

そんな過去の経験があったため、この年になって「お金の知識」を勉強する決意をしました。

仕事をスキルアップするための勉強はしましたが、それ以外に勉強したことはありませんでした・・

それから様々なブログや書籍を買って、資本主義について勉強しました。

ただ、いきなり今の環境を変えることまでは考えませんでした。

転職して給料アップや、独立して個人の設計事務所を持つという労働力を伴う考えでは、

自由な時間は増えても、変化は少なく業務や事務作業量の増加などリスクが高いと判断しました。

今の仕事や職場が嫌ならすぐにでも転職するべきですが・・

それからモヤモヤした試行錯誤の毎日を過ごしました。

王道【金持ち父さん 貧乏父さん】に出会う

実際、1年近くはいろいろ悩み勉強しました。(本業は真面目にやってます。笑)

その中で一冊の本と出会いました。

投資されている方がみな一様に勧めている本です。

■資産と負債の違い

お金を働かせる

■自分の商品を持つ

ラットレースから抜け出す

衝撃を受けました!!

その本の中で、自分に一番しっくりきたのが不動産(土地)でした。

建築の知識もあったので入りやすい点もよかったと思います。

よしっ不動産をやることに決めた!!

妻に相談したところ、猪突猛進な私の性格を知り尽くしている妻は一つ返事で了解してくれました。

家族の理解を得る、、実はこれが一番難しかったりします。

そんな中で不動産を利用した副業という稼ぎかたに出会いました。

副業といっても本業の時間外に労働(バイトなど)するのでは意味がありません。

いずれ体力的な限界がくるのは目に見えています。

ちなみにバイト(労働)を選択するぐらいなら、残業代がでるのであれば本業を頑張るべきです。

副業をはじめるにあたって本業の業務には影響しない範囲で始めることが大切です。

合わせて自分が働くのではなく、お金に働いてもらうという発想を持ちましょう。

それを不労所得といいます。

変化を恐れず小さなことから挑戦していこう

何かを始めるということはリスクが付きまといます。

ただサラリーマンを続けるだけもリスクです。

将来的に体調を崩したり、怪我をして働けなくなる恐れもあります。

ましてやリストラや会社の倒産といった将来が待ち構えているかもしれません。

自分の身は自分で守る。自分の家族も自分で守る。

あくまで最終判断は自分でするべきです。

人はすぐ他人のせいにしてしまう生き物ですから。

最近はマイナスイメージを植え付ける報道ばかりです。

・年金2,000万円不足の問題

・働き方改革による残業規制の問題

・終身雇用の終焉の問題

自分の身を守るものはやはり自分しかありません。

サラリーマンとして労働し、安定した給料をもらい、仕事仲間と飲んで愚痴を言う・・

人は変化を恐れる生き物なので安定志向になるのは仕方がない・・

しかし、いざ前述のような報道があると途端に不安になり、なにか対策をしないといけないと焦ってしまう。

そこで悪党業者の出番です!!

年金の足しになる・・副業してサラリーマン以外の収入を得るには最適・・など

今の情報化社会には甘い勧誘が多発しています。

そしてリスクの伴わない美味しい話などないと断言できます。

将来の不安は今に始まったことではなく、目をそらし問題を先延ばしにしていただけ・・

現実から目を背けてはいけません!!

投資の格言の一つに

”卵はひとつのカゴに盛るな”

という格言があります。

多くの卵をひとつのカゴに盛った場合、そのカゴが落ちてしまうと全ての卵が割れてしまいます。

つまり違う新しいカゴを作って分散して盛る=収入源の柱を増やすことによって

リスクを分散することができるわけです。

今の時代、SNSやアフィリエイトなど過去にはなかった稼ぎ方も増えています。

まずは自分にあったはじめやすい副業を見つけるべきです。

今の給料よりいくら増えれば生活が充実しますか?

さあ、副業を始めよう!!