《祝50記事》【レバレッジ】とはテコの原理。職種においてリスク・リターンを知る

副業・お金

毎日のお勤めお疲れ様です。

レバレッジ

とは何かご存じですか?

「レバレッジをかける」や「レバレッジを働かせる」など

よく耳にされることがあると思います。

レバレッジとは

経済活動において、他人の資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること。

または、その高まる倍率。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

簡単にいうと

「テコ」の原理です。

小さな力(資本)で大きな力(資本)を動かすわけです。

今回は【レバレッジ】について解説します。

この記事を書いている私は、副業しながらのサラリーマン歴4年ほど。

現役副業サラリーマン(一級建築士)として働く傍ら、法人を設立しコインランドリー事業、アパート経営、築古戸建再生事業、サロン事業を経営しています。

本業プラスアルファの副業を始めることで、将来的に“福”業に変わることを夢見て、恥ずかしげもなく実体験を伝えていきたいと思います。

あなたのお悩みに“ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

【レバレッジ】は資本を拡大させるには重要である

 

「レバレッジを活かす」

FXや株を始めたいと思われる人で多いのは

【レバレッジ】という仕組みを使えば

「簡単に大金を稼ぐことができる」という幻想を抱く方が多いです。

しかし、これはドラゴンクエストでいうと

LV.1なのにスライムではなく、いきなりボスと戦うくらい勝てる見込みがありません。

よほどの投資のスキルがないと難しいです。

ちなみに私にはありませんでした・・(笑)

私も過去に、知り合いの紹介で知識もなくLV.1で戦いに挑んで玉砕しました( ノД`)シクシク…

しかし、一発逆転の可能性があるのも事実。

最悪、生活費や貯金に手を出し、人生を棒に振ってしまわないように、ご注意ください。

不動産投資における【レバレッジ】

ここで、私は不動産投資に切り替えました。

5年前は、まだ不動産に融資が出ていたので、参入障壁が低い状態でした。

手持ちの資金が1,000万円あったので、このタネ銭をもとに福岡に新築アパートを購入。

【失敗談】

その時に、3棟同時にアパート購入を試みたのですが、玉砕!!

結果、良かったのですが、その話は長くなるので後日別記事にでも・・

その時に購入した1棟が、7,000万円の物件だったため、到底資金が足りません。

また、7,000万円もの大金をサラリーマンの給料で貯金しようと思ったら、一生終わってしまいます。

ここで【レバレッジ】を掛けました。

500万円を出すことで6,500万円の融資を引くことができました。

まさに【テコの原理】の通り、

小さな力(資本)で大きな力(資本)を動かしたのです。

まあ、一般的に考えれば【借金】です。

ただ、「金持ち父さん貧乏父さん」の回で説明しましたが

良い借金(資産)と悪い借金(負債)があったことを思い出してください。

知らない方や、忘れた方は👇どうぞ

【金持ち父さん貧乏父さん】第二の教え:お金の流れの読み方を学ぶ。「資産」と「負債」を理解し「資産」を買い続けることが重要

今回はレバレッジを利かせることで

家賃収入41万円/月(満室時)、返済・経費25万円/月

手残り16万円/月が勝手にポケットに入る仕組みを作ることができました。

注)簡単に説明しています。

自宅を買った場合は

毎月8~10万円の返済はサラリーマンの給料から引かれるので、自分からの手出しです。

それは金持ち父さん曰く「悪い借金」です。

ローン返済が終わっても、賃貸などに出さない限り毎月ポケットにいれてくれる収入になりません。

このように不動産のリスクは

✅空き家問題→他のアパートと差別化を図る。管理会社の選定に注意する。

人口減少問題→そもそも不動産に限った話ではないが、人口が減少しにくい都市を選ぶ。

災害の問題→火災保険や地震保険で対応する。戦争はあきらめる。

✅長期の返済→自宅のローンでも同じ。最初は大規模改修などを考慮して、家賃には手をつけず貯めておく。他のローンとの返済期間を調整をする。

など、ある程度リスクに対する予測が立てやすいです。

ここが、不動産投資のメリットだと思います。

不動産投資の検索から購入までの流れを解説!①物件検索をし利回りを理解しよう!

ただ、融資を受ける金額や支払い期間が長いので、家賃収入には手をつけずに

サラリーマンの給料で過ごす方が安心です。

つまり、1棟の新築アパートを買ったからといって、本業を辞めてはいけません。

実績をつくり、中古アパートや築古戸建などを購入することも大切です。

スポンサードサーチ

マーケティングにおいての【レバレッジ】

マーケティングにおける【レバレッジ】とは

「効果が倍々に働く」という意味があります。

顧客数を増やし、一人当たりの購買単価も増やすことで利益が掛け合わされるマーケティング戦略を「レバレッジを働かせる」と表現します。

また、広告を打つときに、少ない予算で試し、効果があると判断できれば、同じ広告に大きな予算を追加して打っていく方法を「レバレッジをかける」とも言います。

会社が社員を増やすことも、「レバレッジをかける」ことになります。

最近では、SNSにはまさにレバレッジがかかっています。

一定の支持者がいるインフルエンサーなどは、一つの小さな発言をすることで、たちまち拡散され大きな効果を得ることができます。

一年前まで普通のサラリーマンだった方が、本人の努力次第で影響力を持つインフルエンサーになるなど、今度も大きく変わっていくと思います。

【複利】【72の法則】とは?アインシュタインが【人類最大の発明】と称賛した理由を知る

【レバレッジ】する職種のリスク・リターン

以上のように、【レバレッジ】は様々な分野で応用されています。

「テコ」の原理のように

小さな力(資本)で大きな力(資本)を動かす

この考えを持つことで、今の事業を拡大されることは可能です。

しかし、動かす力が大きいため、当然リスクが伴います。

ちなみに私が経験したリスク&リターンを比較すると

株・FX ハイリスク ハイリターン 圧倒的センス!
不動産投資 ミドルリスク ミドルリターン 融資と実績!
コインランドリー ハイリスク ミドルリターン 立地と天候!
築古戸建再生 ローリスク ローリターン DIYと努力!
ブログ・SNS ローリスク ミドルリターン 努力!努力!努力!

このような感じですかね。

【注】あくまで個人的な意見です。

まずは自分にあった「自分のビジネス」を見つけて

小さい成功を経験することから始めましょう。

本業以外に1万円でもはいってくると嬉しいものです。

本業だけに頼った生活をしていると、将来はどうなるか分かりませんよ!!

自分の可能性に【レバレッジ】をかけて行動していきましょう!!

P.S.

全く、どうでもいい話ですが、今回で50記事となりました。(^_^)vパチパチ

ただ、記事を書けばいいということではなく、

自分のアウトプット&誰かの参考になればと思い

今後も続けていきたいと思います(‘◇’)ゞ

・・誰も待ってはいない・・(笑)

それではGlory Days!