副業をやって分かった失敗する人の特徴はコレだ!【まとめ】

副業・お金

悪ガキ
悪ガキ
失敗する人に特徴はあるの?

いろいろ見ていると失敗する人の特徴が分かったよ。
主人
主人

副業でも仕事でも失敗したくないですよね。

でもそれには一定の特徴があります。

まとめてみると下記のような人が失敗する傾向にあると思います。

今回は失敗する人の特徴を深堀りしたいと思います。

主人
主人
この記事を書いている私は、副業歴5年ほど。本業は一級建築士として働き、法人を設立しコインランドリー事業、不動産事業、エステサロン事業を経営しています。あなたのお悩みに”ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

変わりたいフリをしているだけで継続していない

これは一番多いです。

だれかインフルエンサーなどに絡んで、「変わりたいです」とコメントしているアナタ!

それではいつまでたっても変化はありません。

絡むなら、「おかげさまで不動産の物件を買えました」など、実行した報告するべき。

「変わりたいフリ」

”かまってちゃん”が多いです。

相手にされなかったらそれが「批判」になり別の人に絡みに行く。

その継続力があるならば、副業に少しでも力を注げば変化できます。

本気で副業に取り組みたいのなら「変わりたい」ではなく「変わる」と決意して取り組みましょう。

そしてそれをコツコツ継続する。

3ヶ月やって変化ないなら、方法が間違っているかもしれない。

試行錯誤しながら半年~1年間続けていくと、必ず変化していきます。

3日坊主とならないように、「継続する!」を心がけましょう!

・・と自分にも言い聞かしています。(;^ω^)

「いいな」と思っても行動せずに目先の娯楽に勝てない

「あっ!このやり方いいな」と思ってもそれ以上、調べようとしない。

ものすごく損しています。

自分の直感はすごく大切で、数ある情報のなかで自分のアンテナに引っかかったのなら

その直感は大事にするべき。

とりあえず調べてみることをおススメします。

それが結局ゴミのような情報であったとしても、そこで選択肢が一つ消えますし

知識と経験が積みあがっていきます。

そして、そのアンテナが娯楽に向いているのでは話になりません。

決して、飲み会やギャンブルを批判しているわけではなく

あくまで「副業」をやる目的からは逃げているためです。

飲み会(イベント系)やギャンブルを真剣に「稼ぐ副業」としてとらえ

実行するならそれでもかまいません。

ただ、そのようなセンスがあれば、もっと「株」など効率のよいやり方もあると思います。

単なる「娯楽」に逃げないように注意しましょう。

スポンサードサーチ

自分をごまかし他人のグチを話す

自分の本音と向き合わない人が多いです。

いや向き合うのが怖いのか・・

そこから逃げるかのように、他人を批判する人。

他人のグチを言って、その人の評価を下げたり、自分の味方を作ろうとする人。

こういう人はそもそも行動も挑戦もしないので成功もしません。

ネガティブな話題で盛り上がるより、ポジティブな明るい未来の話をしたほうが、人生を楽しむうえでは大切です。

人生が楽しめていないと、「運」も寄ってこないと思いますしね。

同調圧力が強く他人と違うことのストレスに弱い

自分の周りの5人の平均年収が自分の年収と言われるように

同じ仲間同士で集まることを好みます。

だれかが行動や挑戦をしようとしたら、「やめたほうがいいよ」と

経験のない無能なアドバイス

をしてきます。

他人と違うということがストレスになるという人も多いです。

学校教育では「みんなが平等」「みんなで行動」が当たり前でした。

その束縛が大人になっても強い人が多く、特にサラリーマン体質の人は同調圧力が強いです。

人と同じことをしていたのであれば、結局「差」は生まれません。

「孤独」というストレスにも負けない強い精神力も必要になりますね。

スポンサードサーチ

副業で失敗する人のまとめ

今回の項目でいくつ当てはまりましたか?

該当する方は失敗する確率が高いと思います。

そもそも副業より本業でしっかり実績を出すべきです。

本業があるから、安心して副業ができる。

安定した給料をもらいながら、副業という別の収入源を増やす。

卵はひとつのカゴに盛るな

投資の格言にもあるように、仕組みを作り、収入の柱を増やし太くしていくことが

結果、不況に強い体質をつくることができると考えます。

不動産でも株でもSNSでも何でもいい。

とりあえず、1円でもいいので毎月お金をくれる仕組みを作る。←これが難しい(;^ω^)

そしてコツコツ継続していくことから始めましょう!

【合わせて読みたい】

>>単純な練習時間では意味がない!【質】を上げることが重要【10,000時間の法則】