【複利】という加速装置で運用しよう!貯金はなぜ増えないかを知る【72の法則】

副業・お金

悪ガキ
悪ガキ
コツコツ貯金しても金利低いし貯まらないよね~

単利で貯金してもダメ!いかに複利で回せるで将来大きな資産になるよ!
主人
主人

みなさん【複利】をご存知ですか?

有名な天才物理学者のアルベルト・アインシュタイン

【人類最大の発明】【宇宙で最も偉大な力】

と呼んだことでも有名ですね。

そんなに重要なことなのに、学校では教えてくれません。

先生も真意を理解していないし、実行していないからだと思います。

しかし、資本主義社会を急成長させた原動力となる

金融の力の象徴は【複利】です。

今回は【複利】について深堀りします。

主人
主人
この記事を書いている私は、副業歴5年ほど。本業は一級建築士として働き、法人を設立しコインランドリー事業、不動産事業、エステサロン事業を経営しています。あなたのお悩みに”ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

アインシュタインが【人類最大の発明】と称賛した【複利】とは何かを知る

まずは基本情報として

単利元本の金額だけに利息がつくもの

例)100万円を年10%で預けた場合

1年後 110万円(+10万)

2年後 120万円(+10万)

3年後 130万円(+10万)

【ポイント】

元金の100万円に対しての10%の利息なので

毎年10万円ずつ増えていくことになります。

【複利】元本についた利息も含めた金額に利息がつくもの

(例)100万円を年10%で運用した場合

1年後 110万円(+10万)

2年後 121万円(110☓0.1=+11万)

3年後 133万円(121☓0.1=+12万)

【ポイント】

元金についた利息も含めた計算のため、

単利と比べて年々少しづつ上昇していきます。

「なんだ、、たいしたことないな、、」と思ったあなた!!

大きな間違いです!!

年が経過するほどに【複利】は力を増していきます。

1年後 2年後 3年後 4年後 5年後 10年後 20年後 30年後 50年後
単利 110万円 120万円 130万円 140万円 150万円 200万円 300万円 400万円 600万円
複利 110万円 121万円 133万円 145万円 161万円 259万円 673万円 1,745万円 1億1,739万円

ええっ~~~!?

50年後には

単利:600万円 VS 複利:1億1,739万円 !?

これほど差が出てしまいます。

このように時間を味方につければ

加速装置のように資産が拡大していきます。

これが【複利】の力です。

お金持ちは、お金を「預ける」のではなく、【運用】します。

何で、学校では教えてくれないんでしょうね?

(注)あくまで、複利を分かりやすく説明しています。

運用の方法によっては、「拡大」も「減少」にもなります。

自己判断で運用してくださいね。

【運用】せずに【貯金】ではダメ!【72の法則】で理解する

なぜ銀行に貯金してはダメなのかというと

【72の法則】を知れば理解できます

元金が2倍になるためにかかる年数を計算することができる簡単な式です。

金利(%) ☓ 年数(年)= 72

これを直すと

年数(年)= 72 ÷ 金利(%)

(例)現在の日本の預金金利は良くても0.03%のため

年数(年)= 72 ÷ 0.03(%)

2,400年

今の元金を貯金して2倍にするまでには、2,400年かかります!!

すでに地球はどうなっているかわかりませんね。

では金利10%の商品を運用すると

年数(年)= 72 ÷ 10(%)

7.2年

あっ・・これなら、まだ生きてますね(笑)

昔は確かに貯金や定期の利息が高かったです。

貯金していれば貯金額が増えていった時代・・

その時のイメージがまだ日本には深く根付いているのが原因でしょうね。

スポンサードサーチ

行動するかどうかは全て【自分次第】=【自己責任】

・今の手持ちの元金を貯金してそのままにしておくか?

・それとも運用して加速装置を身につけるか?

すべては【自分次第】=【自己責任】です。

しかし、お金持ちはこのようにして、【資産】を築いていることを理解してください。

そのうえで【貯金】か【運用】のどちらがベストかを選びましょう。

最後になりますが

金利20%とか30%とか非現実的な商品に騙されないようにくれぐれもご注意ください。

あとは自分で

・【情報】を調べ

・【知識】をつけて

・【武装】しましょう

明るい将来を目指して、一緒に頑張りましょう!!

諦めるにはまだ早いですよ!

【合わせて読みたい】

>>【レバレッジ】をかけて資産を拡大するメリットとリスク