稼ぎ方が違うだけで「お金の価値は一緒」。マネーリテラシーがなかった話

副業・お金

主人
主人
この記事を書いている私は、副業歴5年ほど。本業は一級建築士として働き、法人を設立しコインランドリー事業、不動産事業、エステサロン事業を経営しています。あなたのお悩みに”ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

マネーリテラシーってなんで必要なの?

学校の教育では「お金」について正しく教えてくれないですよね?

・お金の貸し借りはいけません

・お金に汚い人にはならないようにしよう

・無駄使いをやめて貯金しましょう

まるでお金を扱うことが「悪」のように教えらます。

学生時代にはいっさいお金に触れることなく卒業し

社会人になっていきなり大金(初任給)が入る!

これでは正しく使えというほうが無理です。

別に会社員になって定年を迎えることも有益な人生です。

しかし、今の激動な社会で公務員を除き、無事に定年を迎えられる人は何%いるのでしょうか?

マネーリテラシーを知るのに「学歴」や「地位」は関係ありません。

「今」学びたいと思うことが大切です。

コツコツ貯めた500万円で新車を現金で買う「バカ」

そう。当時25歳の私です(;^ω^)

東京のゼネコンでコツコツ働きながら貯めたお金を

東京モーターショーで出会った「マークX」に一目ぼれ!

フル装備で500万円・・・「買えるやん!」←バカです!

「これでレインボーブリッジ走れるやん!」←バカです!

そして見事に現金ゼロ。

しかも「多摩ナンバー」(;’∀’)

※当時車庫飛ばしが厳しくなり、泣く泣く当時住んでいた多摩となりました。

別に多摩がどうとかではなく、品川や湘南、横浜ナンバーにあこがれがあっただけです。

スポンサードサーチ

ときには自分からぶつかる壁があってもいい

貯金500万円あれば、東京で不動産が買えていたかもしれない。

タラレバ言っても始まりません。

当時はネット情報も少なく、空いた時間を遊ぶことに手一杯で努力していなかったことが原因。

20代で将来のことを真剣に考えて行動できる人がどのくらいいるのだろう。

まして10代なんて学校教育の輪からなかなか抜け出せません。

人と違うことをすると、怒られるし「孤独」になりたくない。

特に社会人になって思うけど、副業を始めて稼ぐ手段を知ると、会社の同僚と話が合わない。

それは目指す方向性や視点がまったく違うから。

でもSNSを活用すると、同じ志を持つ同志と出会えます。

慣れ親しんだ環境や習慣から抜け出すには大きなストレスに衝突することになる。

でも人生において一度はそんな壁にぶつかってもいいと思う。

稼ぎ方が違うだけで「お金の価値は一緒」

マネーリテラシーを身につけたいなら

今はブログなどで情報もたくさん読むことができるし

分からないことはYOUTUBEで解説されている。

あとは本人が「やる」かどうかだけ。

時には飛び込む勢いは大事だけど、最低限の知識は身につけておくべき。

誰のせいにもできないし、誰も守ってはくれない。

そんなときに近寄ってくるのは、たいてい悪徳業者や詐欺です。

給料だけが稼ぐ手段ではないし、

汗水流して労働することだけが美学でもない。

稼ぎかたの違いだけで「お金の価値」は一緒なのだから。

若いうちのほうが、しがらみも少なく動きやすいのは事実。

「今」やることで1年後には違う世界が見えるかもしれない。

会社の給料をもらっているうちに、副業を小さく始めてみる。

これがリスクもなく、一番効率的だと私は思いますね。

「お金」の稼ぎ方を勉強して実践してみましょう。

【合わせて読みたい】

>>第一の教え:欲望を捨て環境を変えてラットレースから抜け出す【金持ち父さん貧乏父さん】