組織は必ず【2:6:2】に分かれ、2割の怠ける社員は必要な存在!【働きアリの法則】

ビジネス法則

悪ガキ
悪ガキ
いつも怠けてばっかの社員は必要ないんじゃない?
そんなことはないよ!今度は他に怠ける社員が増えるだけ!
主人
主人
悪ガキ
悪ガキ
じゃあ、どうしたらいいの?
組織は必ず【2:6:2】に分かれることを理解しよう。
主人
主人

あなたは会社や部署の中で①~③のどれに当たりますか?

①よく働いている

②普通に働いている

③怠けている

自己判断で構いません。

どうですかね?

これは【働きアリの法則によって全体が必ず

①よく働いている =2割

②普通に働いている=6割

③怠けている   =2割

に必ず分けられます。

ここで注意しないといけないことは2:6:2に必ず分かれるということです。

上位の2割の社員で組織を構成しても必ずその中で2:6:2となってしまいます。

要は、組織にとって

2割の【怠ける社員】は必ず必要な人材

であるということです。

せっかくの【よく働く社員】を【怠ける社員】に落としてしまわぬように、注意しましょう。

ちなみに私は【怠ける社員】ですが、具体的には【よく働き隙見て怠けるのが上手な社員】です。(笑)

今回は組織で働くうえで重要な【働きアリの法則】について深堀りします。

この記事を書いている私は、副業しながらのサラリーマン歴5年ほど。

現役副業サラリーマン(一級建築士)として働く傍ら、法人を設立しコインランドリー事業、アパート経営、築古戸建再生事業、サロン事業を経営しています。

本業プラスアルファの副業を始めることで、将来的に“福”業に変わることを夢見て、恥ずかしげもなく実体験を伝えていきたいと思います。

あなたのお悩みに“ネコノテ”お貸しします。

 

スポンサードサーチ

【2:6:2】の割合は【働きアリの法則】の大原則である

働きアリの法則とは、先程述べたように

①よく働いている =2割

②普通に働いている=6割

③怠けている   =2割

に分けられます。

これは、組織で働く以上ほぼ必ず起きる現象です。

職場をみれば、

🔷2割の【よく働く社員】は仕事を頑張ります。

上司が構うことなく、一人で仕事をこなすことが出来る優秀な社員です。

🔷6割の【普通の社員】は、割合としては一番多いです。

そつなく作業をこなす感じですね。可もなく不可もなく。

🔷2割の【怠ける社員】は目につくと気になることが多いです。

迷惑がかかったり、もめ事を起こさないように注意が必要です。

リーダー(社長)は全体を俯瞰して、

効率が悪くなっているところ

問題が起きそうなところ

を察知することが重要です。

2割の【怠ける社員】は必要な人材であることを知る

2:6:2の使い方としては

2割のよく働く社員は、優秀なのでこれは問題ありません。

6割の【普通の社員】は、この6割でグループを組ませましょう。

そうすると、その6割の中でまた2:6:2に分かれます。

おのずと2割はよく働く社員】になり、リーダーシップを自然に発揮するようになります。

2割の怠ける社員は、そのままできる範囲で仕事を頑張ってもらいます。

ここで注意しないといけないことは

【怠ける社員】を切ればいいのか?というとそれではダメです。

なぜかというと、

2割の【怠ける社員】を削減して残りの8割で仕事をこなそうとすると

残りの8割がまた2:6:2に分かれてしまいます。

この2:6:2の法則からは逃れられないと考えたほうがいいです。

要はこの2割の【怠ける社員】は必ず必要な人材であるということを知るべきです。

スポンサードサーチ

2割の【よく働く社員】だけで組織を構成してもダメ

では、逆に利用方法を探りたいと思います。

会社の部署から2割の【よく働く社員】だけを集めてチームを作ったとします。

すると【対抗意識】が生まれ、足を引っ張りあい、失敗することが多いようです。

失敗を恐れ、その後は一人一人の力が発揮されなくなります。

それは、誰かが必ず2割の【怠ける社員】に落ちてしまうという現実です。

せっかくの【よく働く社員】を【怠ける社員】に落としてしまうのは、会社にとっては損失です。

やはり、人には得意、不得意があるように、お互いが補いあえるバランスが大切です。

それぞれが得意分野を生かせる環境づくり重要です。

得意分野の効率は、一般的に不得意分野に比べて3~5倍も効率が高いと言われています。

つまり、【個の力】ではなく、組織としての【総合力】が大切です。

であれば、この2割の【怠ける社員】を切り捨てるのではなく、

いかに底上げする方法を考えるのが得策と思います。

本来は【怠けている】わけではなく、

■遅いからといって仕事ができる人が仕事を取っていたり

■上司の主観で、はなからできないと決めつけていたり

していませんか?

上司は効率のため【よく働く社員】には多くの仕事を任せたくなります。

すると、承認欲求が働きおのずとよく働く社員に成長します。

短期的には効果があると思いますが、社員もバカではありません。

出世競争に勝ち抜くためなら、我慢もできると思いますが、

同じ給料で自分だけ仕事量が多く、忙しいことに気付きます。

また、【よく働く社員】が体調を崩した場合、代わりに【怠ける社員】がフォローしてくれかもしれません。

【怠ける社員】だからと、切り捨てずに、成長を見守ることが大切です。

そうすることで常に一定の仕事の処理はできます。

全体のバランスを重視するほうが結果、組織としては長続きすると思います。

【パレートの法則】はいろいろな商売で活かされている

働きアリの法則】と同じく【パレートの法則】は、大きく【8割の働くアリ】と【2割の働かないアリ】に区別します。

商売をこの法則で例えると

🔷売り上げの8割は、2割の顧客で占める

🔷売り上げの8割は、2割の商品で占める

🔷クレームの8割は、2割のお客が占める

🔷人口の8割は、2割の国に集中している

🔷税金の8割は、2割の国民が負担している

🔷SNSなどのアクセスの8割は、2割に集中する。

🔷仕事の成果の8割は、費やした時間の内の2割から生み出される。

売り上げを伸ばすには上位2割に力をいれるほうが効果的です。

私はサラリーマンとして仕事は人よりこなし、会社の売り上げに貢献しています!

・・が、2割の【怠ける社員】だと思います。

だって、残業もしませんし、気が乗らない会社の行事にも参加しないので(笑)

今はSNSに注力することの方が重要ですしね。

嫌なものは「NO」と言える【日本男児】です。

周囲に流されることはしません。

しかし、会社としては必要な人材であるのです(`・ω・´)(キリッ)

つまり【よく働き隙見て怠けるのが上手な社員】です。

希少種なので会社は大切に取り扱いましょう(笑)

それではGlory Days!