【金持ち父さん貧乏父さん】第五の教え:金持ちはお金を作り出す。そのためには会計力・投資力・洞察力・法律力の知識が必要

自己啓発

毎日のお勤めお疲れ様です。

副業解禁なんて世間では騒がれていますが、

・何からしたらいいのか?

・どうしたらいいのか?

・とりあえず無料セミナーでも行ってみようかな?

と悩まれている方も多いはず。

”第一歩を踏み出したい”

そんなサラリーマンの方こそ読むべき書籍を紹介したいと思います。

それは金持ち父さん貧乏父さんです。

私も副業を始めようと勉強する中でこの本に出会い、衝撃を受けました。

この書籍は表層だけ理解しようとしたのでは難しいです。

学校では教えてくれない資本主義社会の仕組みを知るために大変重要で深い内容のため、各教えについて実体験をもとに深堀りしたいと思います。

この一冊を理解することで、他の高額なセミナーなど参加せずとも自己啓発のバイブルになると思います。

第一の教え:金持ちはお金のためには働かない
第二の教え:お金の流れの読み方を学ぶ
第三の教え:自分のビジネスを持つ
第四の教え:会社を作って節税する
第五の教え:金持ちはお金を作り出す
第六の教え:お金のためではなく学ぶために働く

今回は第五の教え:金持ちはお金を作り出すについて深堀します。

この記事を書いている私は、副業しながらのサラリーマン歴4年ほど。

現役副業サラリーマン(一級建築士)として働く傍ら、法人を設立しコインランドリー事業、アパート経営、築古戸建再生事業、サロン事業を経営しています。

本業プラスアルファの副業を始めることで、将来的に“福”業に変わることを夢見て、恥ずかしげもなく実体験を伝えていきたいと思います。

あなたのお悩みに“ネコノテ”お貸しします。

スポンサードサーチ

「金持ち父さん」「貧乏父さん」の定義とは何かを知る

「金持ち父さん」が話す言葉は、

金がないことこそが悪の根源だ。

どうしたらそれを買うためのお金を作り出せるだろうか。

一生懸命勉強しろ!そうすればいい会社を買うことができる。

この家(自宅)は負債だ。持ち家が自分たちにとって最大の投資だという人は大きな問題がある。

「貧乏父さん」が話す言葉は、

金への執着は悪の根源だ。

それを買うためのお金はない

一生懸命勉強しろ!そうすればいい会社に入ることができる。

この家(自宅)は私たちにとって最大の投資であり、最大の資産だ。

この対照的な二つの考え方の違いを理解することが大変重要です。

学校では教えてくれない資本主義社会の仕組みを知り、第一歩を踏み出しましょう。

第五の教え:金持ちはお金を作り出す方法としてインカムゲインやキャピタルゲインを狙う

著者はお金を作り出すのは簡単であると説明しています。

1990年代不動産業がアメリカで低迷していた時に、売れない不動産を安く買い取り、高く売るという、「土地の転売」=キャピタルゲイン(譲渡益)で稼いでいました。しかし、現在ではその手法の再現性は難しいと思います。。

バブル期のように今日買った土地値が明日には値上がりしているなんてことはないです。地方では毎年のように土地値が下がっています。

現在はインカムゲイン(運用益)で収入を得るほうが現実的です。不動産に例えると毎月の家賃収入になります。

都会などでは、オリンピック需要もあり、土地値の上昇もあるようですが、初心者が手を出すと火傷する状況かと思います。甘い話に騙されないように注意ください。

では、著者はもともとお金を所持していたから、転売などができたのかというとそうではありません。

リスクを恐れず時代の流れに上手く乗り、アイデアと行動力でお金を築きました。

言葉にすると簡単ですが、実際にファーストペンギン(リスクを恐れず初めてのことに挑戦する精神の持ち主)となるのは相当な覚悟と勇気が必要です。

しかし、そこに初心者がいきなり飛び込めというわけではありません。

当然、恐怖はありますし、まずは知識をつけ起こりうる可能性があるリスクを調査し、リスクの対応が許容範囲内であれば、もはやそれはリスクではなくなります。

たとえ失敗したとしても経験することで、人生の選択肢は増えていきます。

逆に今の会社だけに依存=収入の柱が一本しかないほうが会社の倒産や病気による戦線離脱などの事態を考えたらリスクが高いと思います。

「給料」をもらうだけでは、「お金」に価値があると思い、「お金」のために一生懸命働くしか方法がありません。

そうではなくて、本当に価値があるものは「知識」であり、その本質に気づき知識を武器に「資産」を築いた人がお金持ちになっていくのです。

スポンサードサーチ

お金を作りだすには4つの専門知識を得てファイナンシャルインテリジェンスを身につける

ファイナンシャル インテリジェンスを直訳すると、お金に関する知識となります。

知らないと損をし、知っていると得をする、お金に関する知識の力となります。

会計力(財務を理解し、数字を読む力)
投資力(投資を理解し、戦略を練る力)
洞察力(市場の流れを理解し、チャンスを見つける力)
法律力(法律を理解し、合法的な仕組みを構築する力)

会計力

①貸借対照表や損益計算書を読み解く力。

自分はどのような「資産」を持っていて、バランスよく「資産」が配分されているか。

「資産」の分散とは不動産=株式=現金などの配分となります。

投資の格言の一つに

”卵はひとつのカゴに盛るな”

という格言があります。

変化を恐れず副業を始めよう 副業サラリーマンとなった理由

多くの卵をひとつのカゴに盛った場合、そのカゴが落ちてしまうと全ての卵が割れてしまいます。

つまり違う新しいカゴを作って分散して盛る=収入源の柱を増やすことによってリスクを分散することができるわけです。

②借金がある人は、それが良い借金(資産を作るための借金)か悪い借金(負債のための借金)かを確認する力。

③家計などの消費に関して管理する力。

月々の貯蓄額や投資額を把握し、正確にお金が使われているか(自己投資or消費or浪費)、給料だけでなく「資産」からお金が生み出せているかなどをチェックします。

投資力

①投資を理解し、出口戦略までの計画を明確にしているか。

②人により投資案件は様々だが、年齢や資本力(会社の規模や貯蓄額)によってリスクを把握し、戦略を練るように努める。

洞察力

①経済の状況や投資における基本的な情報などを調査し、市場のニーズや流れを読み解く力。

②チャンスを見つけ、投資するかどうかの判断を見極める力。

法律力

①税金などに対する法律や法改正の内容を理解する力。

②会社設立のタイミングや確定申告の際に合法的に節税対策などの仕組みを構築する力。

大切なことはお金持ちと中流以下の「税金を払う」タイミングの違いを理解することです。

この4つの専門知識が備われば、お金の不安に悩まされることはありません。

また、この知識があれば、お金を作り出すことは可能となるのです。

しかし、最初は少額の「資本」作りからスタートすることです。

株式が得意な方は、高騰する市場の波をタイミングよく捉えて、売買を繰り返し、利益を得る。

これが「お金を作り出す」ということになります。

とはいえ初心者には難しいです。私も株式は向いていないのでやっていません。

得意不得意があると思いますので、自分にできることから始めてはいかかでしょうか。

副業サラリーマンにおススメの職業5種をご紹介!!

そのころには会社の同僚や友達とは話が合わなくなっているはずです。

だって見ている世界が違いますからね。普通の人が思う非常識があなたの常識に変化するはずです。

お金持ちになる方法は一つではありません。より多くの選択肢を持ち実行することが必要となります。

お金を作り出すためにファイナンシャル インテリジェンスを身につけましょう。

それではGlory Days!